サラリーマンこそストック収入を持つべき!?

今日こんな記事を見つけた。

「サラリーマンこそ給料以外の「ストック収入」を持とう!」
http://diamond.jp/articles/-/125604

簡単にまとめると、収入にはフロー収入とストック収入があり、フロー収入は稼ぎ続けなければいけないので安定しない。

ということを言っています。

そしてサラリーマンのお給料もフロー収入であると。

大切な視点ですね。

サラリーマンは、起業家や事業化、スポーツ選手などと比べれば安定した給料が入ってくる安定の職業、と思われがちですが、働き続けなければお給料はもらえません。

つまり、けがや病気などで「働き続けられななくなるリスク」を常にはらんだ状態です。

また、けがや病気なら自己管理で回避できるかもしれませんが、外的要因によって会社が倒産したりリストラにあうリスクもあります。

そして、個人的に一番問題だと思うのは、給料が安い!(笑)

サラリーマンの平均年収を見れば明らかですが、ピークの50~54歳で650万前後。

これどうやって子育てして持ち家ゲットしながら適当に旅行行ったりおいしいもの食べたりするんだろう。。

という世界ですよね。

子供2人いたらカツカツじゃないかなと。

やはり50歳とかになったら最低でも1500万くらいは取りたいですよね。。

僕は取りたい。(笑)

いや、僕は1500万では全然嫌だ。もっと取りたい。(笑)

まあ僕のことは置いておいて、サラリーマンの危機的状況はやはり何とかしたほうがいいよね、というお話です。

リンクの記事では具体的なストック収入の中身についてはわざとらしく次回に続く!みたいになってましたが、調べてみると著者の生形大氏は不動産投資家のようですので、100%投資物件を持ちましょう、という話になると思われます。

ええ、投資物件を持つの、いいですよね。

私も多少持ってます。

ただ、投資用物件って、誰でも持てるものではないですよね?

50歳で年収650万では持てないんじゃないかな?

いや多分持てるな。

ただ持とうという気になりませんよね。

カツカツの生活の上でさらにローン組もうという心理にならないと思う。

そもそもあんまり普通のサラリーマンやってたらあんまりいい投資案件の情報は入ってこなそうです(^^;

そういう意味でも手を出さないほうがいい。

年収1000万とか2000万あって、始めてそれなりの情報は入ってくるようになるような気がしますね。

まあここは人脈などいろいろな要素があるので一概には言えないと思いますが。

逆に言えば年収1000万とか2000万の人はカモともいえるわけで。

郊外に一棟買いした医者や弁護士が入居率悪すぎて首が回らなくなって破産した、なんていう話もよく耳にしますしね。

いずれにしろ不動産はお金の面で参入障壁が高いので、あんまりサラリーマン向けの収入源では内容に思います。

副収入作るならローリスクハイリターンのアフィリエイトが一番手っ取り早いと思いますね。

初期投資は下手したら0円。

それでいて、数カ月で月100万稼ぐ人がいるわけですからね。

まあ、月100万稼げる人は選ばれし勇者に限られますが(私が属するアフィリエイトコミュニティを見ていると割合で5%程度なイメージですね。)、月3万とか月5万ならリアルに行けちゃうわけです。

仮に月5万をアフィリエイトで作ったとして、あなたの月収が50万だったら、一気に1割増しですよ。

めちゃめちゃ大きいですよね。

不動産で月5万やろうとしたら、2000万~3000万くらい払ってワンルームとか買うことになるわけですよ。

ってことで、アフィリエイトで月3万とか月5万稼ぐにはどうしたらいいかについてはこれからコツコツ記事を更新していこうと思います。(笑)

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA