ビットペットのやり方~ビットペットは仮想通貨が稼げるゲーム?

ども!やまてつです(^^♪

この記事では、あのイケダハヤトさんもプレイしていて、最近かなり話題になっているペット育成ゲーム「ビットペット」について解説をしていきます。

ゆずき
たまごぅち懐かしいね~(^^
やまてつ
たまごっちちがう。

ビットペットとは?

公式サイトによるビットペットの説明は以下のようになっています。

ビットペットは繁殖、成長、収集ができる愛らし日デジタルうさぎの呼び名です。

ビットペットを持つとブロックチェーンに記録され、消えたりコピーされたりせずに誰もがその存在を確認することができます。

出典:https://bitpet.co/?ref=10002810

 

デジタルうさぎ育成ゲーム

ビットペットは、「デジタルうさぎ」を繁殖、育成、収集する育成ゲームです。

「デジタルうさぎ」というキーワードはなかなかキャッチーですよね。

デジタルうさぎは、頭、体、持ち物、アクセサリーといったパーツから構成されていて、それぞれのパーツには様々な種類が存在します。

また、各デジタルうさぎは「体力」「知力」「幸運」といった、RPGチックなステータスをもっており、個体によってこのステータスも異なります。

このパーツとステータスが組み合わさって、1体のデジタルうさぎが構成されます。

そして、プレイヤーこのデジタルうさぎ2体をかけ合わせることで、新たなデジタルうさぎを生み出すことができます。

繁殖ですね。

当然繁殖で増えるデジタルうさぎは親の特徴を承継するわけですから、ダビスタやおれしか的なゲーム性にコレクション要素が加わったもの、という感じですね。

他のデジタルうさぎを合成することで単体のデジタルうさぎを強化する「育成」もできますので、ソシャゲ的な要素も感じます。

 

ブロックチェーン技術を活用

ビットペットはブロックチェーン技術を用いて、各ビットペットの価値を担保しています。

公式の説明にあるように、ビットペットはブロックチェーンに記録されるため、勝手に消されたり、コピーされることがありません。

なので、自分が繁殖させたり育成したビットペットは唯一無二の価値ある存在として、ゲーム上で取引がされることとなります。

ビットペットはゲーム上では、「POP」というトークンを使用して取引がされます。

「1POP=1ETH」で、現在0.01POPから、高いものだと0.5POP程度で取引されており、価格的にはかなり大人な遊びとなっています。

しょうこ先輩
ベアブリックを彷彿とさせるわね。

 

ビットペットのやり方

ビットペットを始めるにはイーサが必要

最初のビットペットを手に入れるには、ゲーム内にイーサリウムを送金してゲーム内で使用するトークン「POP」を入手する必要があります。

イーサを入金して「POP」をゲットしたら、そのPOPを使用してビットペットを購入することができます。

こんな感じで売っています。

易いものだと0.01POPくらいからありますが、ある程度かわいいのを狙うと0.02くらいは必要になります。

イーサはビットフライヤ―などの取引所で

ビットペットをやりたくてもイーサを持っていないし、どうやって手に入れたらいいかもわからない…という方も多いと思います。

ゆずき
イ、イーサリョウム??
やまてつ
はい!ここにも。

イーサは仮想通貨の取引所で購入することができます。

仮想通貨の取引所といっても様々ありますが、大手の取引所で言えば、「ビットフライヤー」という取引所などが有名です。

口座の開設はスマホと身分証明書が手元にあればできてしまいます。

取引所の口座を持っていると何かと便利なので、まだ持っていない人は作っておきましょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

→ビットフライヤー

※口座解説でわからないことがあればこちらのLINE@からご質問承ります(^^♪

 

 

※バナーからうまくつながれない場合はこちらのIDを検索してください。【@tii1155v】

 

購入したビットペットを繁殖させる

購入したビットペット2体をかけ合わせて増殖させることができます。

ビットペットには性別の概念がないので、純粋に2匹のビットペットを持っているだけで繁殖をさせることができます。

ただし、繁殖には0.008POPが必要となるため、自分の懐事情と相談しながら繁殖をさせていくようにしましょう。

繁殖させるとこんな感じのガチャのカプセルのようなものが出現します。

上に書いてある数字は孵化までの時間。

最初は23時間~25時間くらい繁殖に時間がかかると思います。(自分のビットペットのレベルが上がってくると、繁殖の速度も速くなります。)

で、時間が経過すると親の特徴を承継した新たなビットペットが手に入ります。

しょうこ先輩
ライトセイバー…
ゆずき
バットマン!
やまてつ
子どもに受け継がれます。(笑)

 

ピットペットの稼ぎ方

購入→強化・合成→売却

ビットペットは、

・購入したビットペットを購入額よりも高く売る

・繁殖させたビットペットをコストよりも高く売る

ことで稼ぐことが可能です。

POPはイーサとイコールなので、ゲーム内ではそれなりの金額がやり取りされていることになります。

市場の状況も日々変化していて、今までレアとされていたものが、しばらくすると当たり前になっています。

現状は一週間程度で目まぐるしくトレンドが変化している感じですね。

ライトセイバーが注目されたかと思うと、一週間後にはライトセイバー持ちのビットペットが市場にあふれていて、その他のビットペットと変わらない金額で売り買いがされている…といったような状況です。

また、繁殖させるには「0.008POP」、販売の手数料が「0.005POP」かかりますので、繁殖して売却する場合は、最低でも0.013POPより高く売らないと儲けがまったくないことになります。

しかし、この0.013POPというのは今の市場環境では決して安い!という金額ではないため、あまり魅力のないビットペットを量産しても売り場がなく、稼げないことになります。

そもそも数十万円と言った大きな金額は稼げませんし、数千円~数万円のお小遣い程度を稼ぐにしても、相当本気でやらなければ稼げません。

 

友達紹介に紹介する(アフィリエイト)

ビットペットは自分のアカウントをつくると、アフィリエイトが出来るようになります。

自分のアドレスから友人や第三者が登録をしてくれると、その人が支払った手数料の20%がもらえるようになります。

入金金額でも、使用した金額でもなく、手数料の20%です。

例えば、誘った方が繁殖をさせた場合、手数料は0.008POPですので、アフィリエイト報酬は0.0016POP…

これで稼げる人は友達がものすごく多いか、プロに近いアフィリエイターだけですね(^^;

 

ビットペットはゲーム?投資?

ビットペットはゲームですが、稼げる点を重視して、投資ととらえて取り組んでいる人もいます。

ただ、稼ぐベースが仮想通貨であるイーサであること、ビットペットの市場が今後どうなるかは全然わからない(人気が爆発するかもしれないし、今以上には全く広がらないかもしれない)ことを考えると、投資というよりは、一発当たるかどうかの「投機」としてみたほうがいいでしょうね。

「ゲームとして楽しそう!」と思える人と、「これは絶対来るでしょ!」と思える人はやっておいたら、いつか大化けするかもしれません。

安いビットペットだと今の相場なら1体600円くらいで買えるので(1ETH=600円計算)、興味があったら1~2匹もってみるのもいいかもしれませんね(^^♪

ビットペット

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA