トウシェル使ってみた!評判通りの親切な対応だが…

ども!やまてつです。

みなさん、不動産投資してますか?

って、してないですよね(^^;

いや、してる人もいるかもしれませんが、そこまで多くはないですよね。

どれくらいやってるのか情報がありました。

2016年のプロパティエージェントさんの調べによると、

20代の割合: 8.2%
30代の割合:15.5%
40代の割合:19.1%
50代の割合:36.4%
60代の割合:20.9%

出典:https://www.fudousantoshi-times.com/experiences/realvoice/160802.html

30代で15.5%、40代が約20%。

50代になると一気に増えて36.4%と。

なんとも凸凹した数字ですが、自分と同じ30代で見ると10人に10人に1.5人、20人に3人が不動産投資をやっている状況のようです。

まあ大体イメージ通りでしょうか?

ただ、持ち方にもよりますが、不動産投資は早めに始めておかないとおいしいところが来る前に人生が終わってしまう可能性がありますので(笑)、もっと20代、30代の割合が増えるべきかな、と思ったりします。

と、言う訳で、今回は無料で不動産投資の相談ができるサービス、「トウシェル」を使ってみましたので、そのレポートをしていこうと思います!

 

不動産投資の無料相談サービス、「トウシェル」ってどんなサービス?

トウシェルの概要

「不動産を活用した資産運用をプロがやさしくご提案します。」

こんなキャッチで始まるトウシェルのLPは、今風の非常にわかりやすいデザインになっています。

サービスの特徴は以下のような感じ。

  • 業界初の不動産投資会社紹介サービス
  • 不動産投資会社と顧客の間に入り、顧客をサポート
  • 利用料・相談料は完全無料

 

業界初の不動産投資会社紹介サービス

不動産投資会社の紹介サービスは業界初なんですね!

確かに、不動産投資会社って自力での営業をガンガン頑張るので、そんな気質の会社をわざわざ紹介しよう、という発想は出てこなかったのかもしれません。

不動産投資会社と顧客の間に入って顧客をサポート

このサービスの最大の特徴とも言える、不動産投資会社と顧客との間にトウシェルが入ってサポートする仕組み。

これはなかなか画期的だな~と思いました。

不動産投資会社は自力でガンガン営業をして、あんまり知識のないクライアントにイマイチな物件をガンガン売りつけている、という印象がどうしてもありますが、そんな現状を打破してクリーンな形で不動産投資会社と顧客とを繋ぐということが、トウシェルのコンセプトと思われます。

不動産投資の未経験者がいきなり不動産投資の営業を受けても、普通知識ゼロの場合が多いですから、トウシェルのように、第三者が入ってくれて、困ったときには相談できるようになっている仕組みは非常に安心感がありますよね。

利用料・紹介料は完全無料

トウシェルの利用には一切お金はかかりません。

利用料も紹介料もなし。

紹介を受ける会社側がトウシェルにお金を払う仕組みですね。

利用者がお金を払うことになるのは、不動産投資を始めるときだけです。

これも使いやすくていいですよね。

 

トウシェルの運営会社はどんな会社?

運営会社はパワープランニング株式会社という会社で、設立は2003年、東京と大阪に拠点を持ち、広告代理店業のほかにECや卸しまで手掛けるかなりやり手の会社のようです。

売上も(9期目までは)伸びに伸びていて、イケイケです。(9期目以降がないのが気になりますが、おそらく更新がめんどくさくなっただけでしょうね。(笑))

広告やECで培ったウェブマーケティングのノウハウを活用して、がら空きの「不動産投資会社紹介市場」に参入した感じでしょうか。

トウシェルはサービスもいいし、結構儲かりそうですね。

 

トウシェルの特長:ストップコール制度

トウシェルには、ストップコール制度という仕組みがあります。

その名の通り、顧客側で紹介を受けた不動産投資会社からの連絡をこれ以上受けたくない、という場合に、トウシェルにお願いすれば電話が来るのを止めてくれる制度ですね。

これこそ第三者が入っている強みと言える制度です。

また、複数回ストップコールをされた担当者はトウシェルの紹介リストから抹消されるということで、日々紹介業者のクオリティが上がっていく制度としても機能していそうです。

 

トウシェルの使い方

トウシェルの使い方は非常に簡単です。

流れはこんな感じ。

・申込フォームに入力

↓ ↓ ↓

・トウシェルからメール

↓ ↓ ↓

・不動産投資会社の担当者よりTEL、ヒアリング&面談日時調整

↓ ↓ ↓

・不動産投資会社の担当者と面談

↓ ↓ ↓

・面談結果(契約した、しなかったなど)をトウシェルへ連絡

↓ ↓ ↓

・アンケートに回答(3000円の商品券ゲット!(2018.2時点))

 

申込フォームはこんな感じ。

電話でやり取りをするので、連絡をしてもらいたい時間帯などを入力していきます。

そして後半戦。

赤丸をしたところに若干特徴があります。

家族構成や年収、貯蓄や借入に関する項目があります。

これらは、投資用不動産をもうためのローンが組めるかを確認するための項目ですね。

あまりにも所得が低かったり、貯蓄が少なかったりすると、「紹介できません」という対応になるんでしょうね(^^;

 

とりあえず最初の入力フォームに入力して送信すれば、そのあとはすべて受け身で話が進んでいく感じです。

面談後にトウシェルに連絡、というフェーズがありますが、ここもトウシェル側から頃合いを見計らって進捗確認のメールが来るので、それに回答するだけでOKです。

(もしトウシェル側からメールが来なくて、連絡を放置したとしても特段問題はありません。ただ、商品券はアンケートに答えないともらえないので、トウシェルからの連絡がなく、商品券がもらいたい場合は積極的に連絡メールをするようにしましょう!(笑))

 

実際に「トウシェル」を使ってみて

私自身も、だいぶマンション投資をしてはいるものの、すべて一社の同じ担当者からしか買っていなかったので、第三者の意見を聞けたら面白いかな~と思ってトウシェルに申し込んでみました。

さらさらと申込フォームの入力を終え、送信すると、ほどなくトウシェルの担当者から軽い挨拶と、今後紹介する不動産投資会社の担当者から連絡が来るからよろしく~的なメールが届きました。

そして、申し込みの翌日か翌々日くらいには不動産投資会社のほうから実際に電話が来ました。

で、この後アポイントの日程調整…と思いきや!

電話での軽いヒアリングの時点で、私がかなりガッツリとローンを組んで複数のマンションを保有していることを話すと、「提案できるローンがない…」「このまま面談しても、具体的な提案ができないため、紹介料だけ発生して会社側としては対応が難しい…」ということで、面談にこぎつけずに終了してしまいました(^^;

まあ確かに、私の場合は現状で目一杯に近いローンを組んでしまっていたので、わからない話ではなかったのですが。

ということで残念ながら、私のほうでは面談を受けることができませんでした。

ウェブサイトの案内によると、面談は1、5時間~2時間程度という案内になっているので、結構具体的なヒアリングと、ローン返済のシミュレーション等をしてくれるものと思われます。

もちろん、「提案」なわけですから、かなり営業も受けると思いますが、自分の経済的な現状把握やローンを組んだらどんなキャッシュフローになるのか(物件によってまちまちです。)などなど、不動産投資においてはどんなところを見て、何を検討するのかといったことを体験を通して知ることが出来るでしょう。

そして、あまり気が進まなければ「ストップコール制度」を活用して営業を止めてもらえばいいので安心です。

本当にいいサービスですね(^^♪

興味がある方は商品券がもらえるうちに(笑)ぜひ利用してみてください。

無料の不動産投資相談サービスなら【トウシェル】

 

不動産投資の勘所についてはこちらの記事もどうぞ♪

※参考 不動産投資で失敗しないために初心者が知っておくべきこと

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA